セックスレス だけか欠点の彼氏〜が知らぬ間にバズった後の話



あの2記事以外しばらく書いていませんでしたが、ひさびさにログインすると驚くほどアクセスがあり、大変貴重な体験をしました。


共感したという意見、

思い出して辛くなったと言う意見、

ただの性欲強い女やんけという意見、

自分の悪いところは棚上げかいという意見、

実のキョウダイだったからセックス拒否られてたのではという意見(この捉え方は流石に度肝抜かれた)、


沢山の感じ方があって、

そこ含め大変良い経験でした。

ありがとうございます。


それと、

文を褒めてくださった方も、ありがとうございます。素直に嬉しいです。


別れた直後の話は、

本当に別れてから24時間以内に書いたもので、文で消化しないと壊れてしまいそうで、


これは自分のことしか考えていない悲しみのロックだ(号泣中)!!と思いながら書いてました。


最近、

あいのりの桃ちゃんの告白も含め、

セックスレス であることを暴露した記事やコミックエッセイをよく目にします。

(まあ自然と自分が探してしまっているだけかもですが……


私含め、それだけ深刻な問題だと訴えたい人が増えている、ということでしょう。


もちろん、拒否された側の人間が被害者、というわけではないです。これは強く言いたい。

(※ふたりの問題だと分かってるけど否定されたことの悲しみをぶつけて責めてしまいそんな自分まじクソすぎてしねというループを1000000夜は繰り返してます)


まあでも私は結局、


セックスレスで悲しむことを、ただの欲求不満として片付けることは、想像以上に相手を傷つけますよ


ということを、伝えたかったんですよね。


理解できなくても、セックスレスで苦しんでいる人がいるという「事実」を知っているだけで、言葉を選ぶことはできるから。


たとえ自分ごとに落とせず、

その苦しみを理解できなくても、

「知識」として自分の中にあったら、

言っちゃいけない言葉の判断はつくことって沢山沢山沢山世の中にあるじゃないですか。


もし、

「恋人のことは好きなのに、恋人にだけは性欲がわかない」と悩んでいる人がいたら、


セックスはできなくても、どうかハグや言葉で安心させてあげてほしいです。


今更恥ずかしくても、バカバカしくてもしてください。


そういう、「好きだからとりたいコミニュケーション」があるんだってことを、分かって欲しくて泣く日があるんですよ。


自分が大切だと思っていることに向き合ってもらえなかったら、誰だって悲しいでしょう。


失ってからだと遅いです。


否定される側も、被害者ぶって相手の罪悪感をえぐるようなことを言うのは絶対ダメです。

相手を傷つけることで得られる理解なんてあるはずないので。



(※自分に言い聞かせてます)


私ごとですが、別れてからはお陰様で元気にやってます。これは本当に、ノー強がりです。


女友達と飲んで酔っ払った勢いで、

よく分からない酵素水をネットで買ってしまい、今日の朝15袋届いた絶望感も心地よいくらい元気です。


恋愛なんて、

ままならないことがほとんどなので、

何が正しいか分からなくなったときは、

自分にも相手にも優しい選択をしてあげられることが一番いい。


それでは。



もぐす


ところで勝手に文字の級数が変わるのなんでなんだ? 強調しなくていいところで強調されてしまう。








セックスレスだけが欠点の彼氏と別れた結果



別れた結果、別れてよかったと思っている。

別れた後の精神状態がとても健康で、自分にとって相当ストレスだったとわかったから。


恋人とのセックスレスで悩んでる人って、すごく沢山いると思うけれど、

綺麗事なしでアドバイスするとしたら、

解決方法は別れるしかない、と断言してしまいたくなる。


ここからは、まだ婚約もしていない、一般カップルの関係の場合のお話に限ります。


好きだから別れないで済む方法を探して、そして同志を求めて、この記事に辿り着いた人もいるかもしれないし、私も悩んでいるときはそうだったけれど、それも承知で敢えて書く。 


別れるしかないのだ。


私はそうして正解だった。答えはシンプルに、結婚したらもっと地獄だからだ。


この先一生セックスレスで生きていくことなんて無理だ!!と思っている自分の気持ちの強さと、

彼女とだけはセックスできないんだ!!と思っている相手の気持ちの強さはイコールなんだよね。


本当に同じ力の強さ。押すことも引くこともできず、ただ同じ強さでぶつかることしかできない。


悲しいけれど、

相当医学的な努力とかしない限り、変われないんだよな。お互いに。

どんだけ好きでも、人って簡単には好きな人のために変われないんだよ。

だって、好きな人には理解してほしいという気持ちが勝っちゃうから。

どうでもいい人なら自分が折れて開き直ることも容易だもん。


友達にレスを相談されることがあると、私は別れろとは言えない。めちゃめちゃ気持ちがわかってしまって辛いから。

そうなんだよな。好きなんだよな。好きな人としたいだけなのに、性欲が強いって片付けられるのは本当に辛いよなって…。


なので、

ブログならばと思ってあえて同情せずに強めに書いてます。


どこの女か知らない赤の他人のブログを見て、レスで悩んでる女性が無駄な時間を過ごさないで済むのなら、と思ってあえてズバッと書いてるのです。


ただの体験談ですが、私は別れて良かったと心から思えています。


一つ言えることは、その人が最後なんてことはありえないですから。

最後だって決めちゃうのは自分なので。


勇気と希望を持って、くだらない(と後々思える)ストレスなくして、楽しい恋愛掴みにいきましょう。


私も頑張ります。


セックスレスの経験を通して、

恋人同士にとって、セックスは大切なスキンシップの一つだと、改めて実感してます。

それと真剣に向き合ってくれない人とは一緒にいられない。そう思っての決断でした。


別れは悲しいけれど、自分のために。

そもそも、好きな人と触れあいたいと思うことの何がいけないのだ。当たり前のことなのに。ひとつも自分を責める要素がなくて最早笑える。


全ては自分のために!!!

一歩踏み出すのだ。




もぐす




セックスレスだけが欠点の彼氏と最終的に別れた話




セックスレスだけが欠点の彼氏と別れた。

その他は完璧だった。どんな時も一緒にいて楽しかった。息をするように彼といると心地いいという気待ちが溢れ出た。泉のようにその気持ちは沸き上がり、結婚したいと思っていた。本当に大好きだった。


それでもダメだった。セックスレスは想像を絶する悲しみだった。彼が大好きなのに、別れを告げたのは私からだった。


新宿駅東口のくそみたいな居酒屋で、「セックスを求める度に私のプライドは死に、それが原因で涙を流すことは、あなたを責めているようでとても辛い」と話した瞬間、どんだけだよというくらい涙が出た。別れ話をもちかけたのは私なのに、なんで私が泣いてんだよ。バカかよ。悲劇のヒロイン気取りですか寒いわ。


号泣したままタクシーで家まで帰り、ダイソンドライヤーの暴風で涙を吹っ飛ばすが出てくる出てくる涙たち。もうこれは明日仕事どころではないと思い、休む連絡を入れた。「今日は仕事休みます。」をOLになってから始めて発動したわ。


セックスレスは果てしない悲しみだ。どちらのせいでもないからだ。きょうだいのようになってしまった恋人たちなんてこの世に何千といるだろうに、私はそれを乗り越えられなかった。

辛かった。彼も辛かっただろうけど、拒否される方が何倍も辛いんだぞと思ってしまった。

一番好きな異性に、女として見れないと言われるこの悲しみが分かるか。


自分からセックスを持ちかける情けなさが分かるか。


そしてセックスを断られた時、あなたの寝息を聞きながら真っ黒な天井を見つめて静かに嗚咽を噛み殺している、女でも彼女でも婚約者でもない私の底知れぬこの悲しみが分かるか。


分かるはずない。

分かるはずないんだよ。


こんなに深刻に悩んでいるとは思わなかったと彼は言ったけど、私は何度このことで泣いて訴えたことか。私の今までの涙はただの塩水だったのか?  辛いから泣くに決まってんだろ。耐えられないから話したに決まってんだろ。

レスになってから持ってすらいなかった、「コンドームを買ってきてよ」とお願いしたとき、私のプライドはズッタズタのボロ雑巾以下だったよ。切実すぎて恥じらいなんてくそくらえでしたから。

好きな人としたい。そう思うことをただの性欲と片付けられたことがとても悲しかった。

好きな人としかできないつまんない女で悪かったな。

セックスで愛情を感じる簡単な女で悪かったな。

そんな単純なことで安心してあなたの隣にいられると思ってしまう感情セックス型で悪かったな。

私が割り切れなかったせいですよねそうですよね。


彼は、私に安心感や居心地の良さだけ求めていたみたいだけど、私は彼をちゃんと異性として好きだった。そこからきっとずれていたんだろう。


好きなのに別れるなんて経験するとは思わなかったよ。腐る程読んだ少女漫画なんて微塵役に立たなかった。

私が気持ちを割り切って一緒にいればよかったの?  私が耐えれば保てる関係だったの? それとももっと泣いて懇願すれば、あなたは変わってくれた? それとも私が変わるべき?


もうお手上げです。ずっと同じところを回ってるメリーゴーランドのようなこの状態に、疲れ果ててしまいました。


別れ話をしたとき、泣いている彼なんて初めて見た。別れ話をして別れると決めた後になんでキスをしたの? 辛くて涙が出た。好きだった。でも好きだけじゃどうしようもない壁があった。


私はきっとこの先も後悔して生きていく。この選択が良かったと思える日がいつかくるだろうか。

頬を叩く。目を開ける。家に帰る。食べる。風呂に入る。寝る。仕事に行く。働く。生きていく。

ふとしたことで彼を思い出し夜は慟哭するでしょう。

辛いことを言わせてごめんと彼はあやまっていたな。公共の場で手も繋いでくれなかったのに、帰り際キスをされた。なんでいまなんだよ。それを付き合っていたときやってくれれば。そんなことを思って悔しくなった。



私はしばらく、誰にも別れたことを言わない。現雑味のない世界をクラゲのように漂って、別れた事実を時間をかけて噛み砕いていくだろう。

私は最終的に彼の彼女でも女でも婚約者でもなく、きょうだいになってしまったけれど、私は彼のことを、男として好きだった。ありがとう。幸せになって。誰よりも幸せになってね。ありがとう。